カナデル プレミアホワイトがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。これだけ人気が出た理由としてカナデル プレミアホワイトの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はカナデル プレミアホワイトに含まれる人気成分のうちにボタニカルブライト13ついて解説します。

 

カナデル プレミアホワイトと言えばボタニカルブライト13配合のコスメ

ボタニカルブライト13

 

ボタニカルブライト13とは、整肌成分7種類、保湿成分4種類、エモリエント成分2種類で成り立っています。
整肌成分には、漢方にも使われる「甘草」から抽出した油溶性の成分であるカンゾウフラボノイドなどが含まれています。シミの原因となるメラニンを抑制する働きと、ヒアルロン酸の分解を防ぐ働きがあります。

 

保湿成分には、セリ科植物トウキの根から抽出されるトウキエキス、ウメ果実から抽出されるウメ果実エキスなどが含まれています。トウキは、婦人科領域の主薬であり、また「血中の気薬」ともいわれ、非常に多くの処方に配合されています。ウメ果実エキスは保湿効果があるため、スキンケア、ヘアケア製品を中心に配合されています。

 

エモリエント成分については後述の「ブースト処方クリーム」でご説明します。

 

ボタニカルブライト13ってなに?どれくらい凄いの?

ボタニカルブライト13 効果

 

ボタニカルブライト13は販売会社が独自に開発・配合した成分です。敏感肌特有のエイジングケアには慢性的に続いてしまう炎症を断ち切り、その上で外部からの刺激に負けない肌を目指す必要があります。

 

つまり、ストレスへのダメージを打ち消す力と老化と戦う力の両方が必要になってくるということです。肌の潤いやシミ予防などに作用すると言われる万能成分。

 

同様の効果も持つ成分はいくつもありますが、甘草やトウキ、ウメなど元々自然界に存在する成分なので、人体との親和性もよくアレルギーや副作用を心配する人にもピッタリの成分です。

 

カナデル プレミアホワイトはボタニカルブライト13を配合

カナデル プレミアホワイトにはボタニカルブライト13以外にも高級な成分が使用されています。

 

成分表を見ると

 

・ビタミンCエチル
・ブースト処方クリーム

 

ビタミンCエチルは、美白有効成分でシミの原因となるメラニンを抑制します。ブースト処方クリームは、浸透を高める成分で角質層までグングン浸透します。調香師が手がけたカーミングフローラルの香りの香料が含まれています。

 

カナデル プレミアホワイトって使うとどうなるの?

カナデル プレミアホワイトを使うと

 

・美白
・保湿
・肌荒れ防止
・角質ケア
・マッサージ

 

などの悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

カナデル プレミアホワイトの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。